生活保護でもクレジットカードは持てる?使用上の注意や作るコツについて

Q&A

生活保護の受給が開始すると、様々な制限が掛かります。

例えば自動車・バイクの所有・運転は認められていませんし、各種保険に加入することはできません。

生活保護の自動車の取り扱いは?自動車は処分しなければいけない?
生活保護受給者が自動車を所有している場合の取扱いについて詳しく説明しています。
生活保護のバイクの取り扱いは?バイクを処分しなければいけない?
バイクを所有している方が生活保護を申請しようとする場合、バイクの取り扱いはどうなるのか? 所有・利用できるのか?処分しなければいけないのか? また、生活保護受給中の方が買い物や通院のためにバイクを購入することは可能なのか? 気...

しかし、生活保護でも認められていることなのに、ダメだと思われていることも多数あります。

例えばパチンコ等のギャンブルをしたり、お酒を飲んだり、タバコを吸うことは生活保護でも認められており自由にできます。

生活保護受給者がしてはいけないことは?罰則などはある?
生活保護の受給を開始すると、様々な制限や義務が発生します。 例えば ・所有してはいけないものがある ・収入申告書を提出しなければいけない ・ケースワーカーによる訪問調査数ヶ月に1回ある などなど、多数あります。 ...

では、生活保護受給者がクレジットカードを所有・使用することはどうなんでしょうか?認められているのでしょうか?気になるところだと思います。

そこで、このページでは、生活保護でもクレジットカードは持てるのか?また、クレジットカードを使用する際の注意点やクレジットカードの審査を通るコツ等について、わかりやすくご説明したいと思います。

生活保護受給者はクレジットカードの所有・利用ができる

生活保護を受給すると、様々な制限が掛かりますが、クレジットカードを持ってはいけないと言う制限はありません。

同じくクレジットカードを使ってはいけないと言う制限もありません。

そのため、生活保護受給者がクレジットカードを所有・使用しても、何ら問題はありませんし、そもそもクレジットカードの所有・使用を制限する権限がケースワーカーにはありません。

ケースワーカーとは?仕事内容は?
生活保護受給者には、必ずケースワーカー(CW)と言う担当の人がつきますが、このケースワーカーとは、そもそも何者なのか?どういう仕事をするのか?よくわからないと思います。 そこで、このページでは ケースワーカーはどうい人なのか? 仕...

なぜなら、生活保護では、健康で文化的な最低限度の生活を保障するだけではなく、生活保護受給者の精神的・経済的自立も目的としているからです。

そのため、生活保護受給者に掛かる制限は必要最低限に留まります。

例えばクレジットカードの利用により、あまりにもお金の管理が杜撰になるようであれば、ケースワーカーからクレジットカードの使用を控えるように生活指導を受ける可能性はありますが強制力はありません。

ただ、ケースワーカーから指導を受けなくても、返済が滞る等、クレジットカードの使い方が悪ければクレジットカード会社から使用制限が掛かったり、ブラックリストに載ることになるので気をつけましょう。

生活保護ではクレジットカード調査はしない

上記のとおり、ケースワーカーにはクレジットカードの所有・使用に対して制限を掛けることができないため、当然、クレジットカードの使用状況を調査する権限もありません。

ケースワーカーは「預貯金や家・土地等の資産を生活保護受給者が隠し持っていたりしないか」を調査する権限はあるため、銀行口座調査をした結果、クレジットカードの引き落としがあることを知ることはできます。

生活保護の預金調査でばれない口座はある?銀行口座調査の方法や範囲を解説
生活保護を申請した時や生活保護受給中は定期的に様々な調査が行われますが、その調査の中に銀行口座を調査する金融機関調査と言うものがあります。 この金融機関調査により、生活保護受給者が所有する銀行口座に現在いくらお金が入っているの...

しかし、クレジットカードで何を購入したのか?等の個人情報を福祉事務所がクレジットカード会社に調査することはありませんし、できません。

ケースワーカーがクレジットカードを預かることはない

ネット等で見ると、「ケースワーカーがクレジットカードを預かることがある」と書かれている書き込みを見かけますが、ケースワーカーがクレジットカードを預かることは絶対にありません。

何度も言いますが、ケースワーカーはクレジットカードの所有・使用を制限する権限はありません。

ましてや人様のクレジットカードを預かる権限なんてもってのほかです。

仮にクレジットカードを預かった場合、クレジットカードの管理も大変ですし、そのクレジットカードが不正利用された場合、まず真っ先に疑われるのは、クレジットカードを預かったケースワーカーです。

また、再発行の手続きをすればクレジットカードは、すぐに再発行することができますし、クレジットカードの情報さえあれば、ネットショッピング等は、そのまま利用できることから、クレジットカードをわざわざ預かる意味もありません。

これらの理由により、ケースワーカーがクレジットカードを預かることは絶対にありません。

もしも「クレジットカードを預かる」なんて言われたらケースワーカー個人から悪用される危険性があるため、ケースワーカーの上司に確認してみましょう。

ケースワーカーの苦情はどこに言うべき?嫌がらせを受け時の対処法
生活保護受給者の中にはケースワーカーから嫌がらせを受けたり、不当な対応をされることもあると思います。 嫌がらせ等を受けた場合、どこに苦情を言うべきなのか?泣き寝入りするしかないのか?気になるところだと思います。 そこで、...

クレジットカードのポイントは収入認定されず自由に使える

クレジットカードを使って買い物をするとそのうちの数%がポイントとして返ってきます。

これらのポイントは現金と同様にお買い物に使うことができるため、収入として申告するべきか?と迷うかもしれませんが、買い物によって付いてくるポイントについては収入申告する必要はありません。

商品等の購入によるポイントの付与は店舗や企業の割引やサービスの一環として見られるため、収入認定しなくていい、と生活保護手帳の別冊問答集にも明記されています。

そのため、いわゆるポイ活をして、ポイントを貯めることも使用することも問題ありません。

むしろ、生活保護受給者はどんどん積極的にポイントを活用して、節約術等を身に付けるべきです。

クレジットカードのキャッシング(借金)をすると収入認定される

クレジットカードを使って買い物をすることは特に問題はありませんが、クレジットカードを使ってキャッシング(借金)をするのは絶対に損をするので、やめておきましょう

なぜなら、キャッシング(借金)をすると、収入認定されてしまうからです。

生活保護では、使える資産は何でも使いましょう!と言う大原則があります。

この「使える資産」には借金も含まれているため、借金で作ったお金も資産として収入認定されてしまいます。

生活保護受給中の借金の取扱いについて
生活が苦しい・・・生活保護を申請しようと思うんだけど 借金があっても生活保護は受けられるの? 生活保護受給中だけど、借金はできるの? このような疑問を持っている方は、多数いると 思います。 インターネットで調べてみる...

そして、収入認定されると、その分、生活保護費を支給する必要がなくなるため、借金をした月の生活保護費が減額されてしまいます。

Q 生活保護費の支給日はいつ?定例支給と追加支給の支給日を紹介
生活保護の受給が開始されると、生活保護費が支給されるようになります。 では、いつ生活保護費が支給日されるのか?気になりますよね。 実は、生活保護費の支給日は、生活保護費の支給方法や支給月、福祉事務所によって変わってきます。 そ...

例えば、最低生活費が月10万円の生活保護受給者が7万円をクレジットカードでキャッシングした場合、7万円が収入認定され、当月の生活保護費は3万円に減額されてしまいます。

キャッシング(借金)をしてもしなくても月々に使えるお金は、どちらも10万円なのにも関わらず、キャッシング(借金)をした場合は借金7万円と、その利子分だけ貸主に返済しなければいけないため損をすることになります。

なお、既に生活保護費が支給済みの場合は、支給しすぎた分については返還金として処理されるため、生活保護受給者は返還しなければいけません。

生活保護法第63条返還金と第78条徴収金の違いとは?
福祉事務所は本来支給する金額よりも多くの生活保護費を支給してしまった場合に、 生活保護法第63条返還金又は生活保護法第78条徴収金を根拠に 生活保護者から返還又は徴収することができます。 返還金も徴収金も生活保護受給者から生活保...

先程の例だと、借金として借りた7万円は多く払いすぎた生活保護費となるため、福祉事務所に7万円返還しなければいけません。

このように、生活保護費が減額されてしまうため、クレジットカードを所有していても、キャッシング(借金)は絶対にしないように気をつけましょう。

生活保護だとクレジットカードの審査が通らない

生活保護受給者でクレジットカードを所有・使用している方の多くは、生活保護受給前からクレジットカードを所有している方たちばかりです。

生活保護受給開始後にクレジットカードを作りたいと思っても、残念ながらクレジットカードを新規で作ることは非常に難しいです。

なぜなら、生活保護受給者は収入がないため、クレジットカードの審査を通ることができないからです。

「毎月生活保護費が支給されているから収入はある!」と主張する方がいるかもしれませんが、残念ながら、生活保護費は収入ではありません。

また、クレジットカードの支払いが滞った時にクレジットカード会社は取り立てを行うわけですが、生活保護受給者からは法律上、取り立てを行うことができません。

つまり、クレジットカード会社にとって、生活保護受給者にクレジットカードを発行することは、非常にリスクが高いわけです。

もちろん、クレジットカード会社の申請用紙に「生活保護受給中」と書く枠はありませんし、わざわざ書く必要もありませんが、生活保護受給者は職業の欄には「無職」と、収入の欄には「無収入」と書かざるを得ないため、生活保護受給者は、まずクレジットカードの審査を突破することはできません。

生活保護でもクレジットカードの審査を通す方法

では、生活保護受給者だったら、クレジットカードを作れないのか?と言いますと、そんなことはありません。

生活保護受給者でもクレジットカードの審査を通す方法があります。

それは、働いて給料収入を得ることです。

生活保護における給料収入の取り扱いは?収入申告しないとどうなる?
生活保護受給中に給与収入を得た場合の取扱いについて詳しく説明しています。

実は、意外と知られていませんが、生活保護を受給しながら働くことは可能です。

生活保護は働きながらでも受給できるの?仕事で得た収入の取り扱いは?
「生活保護を受けながら仕事はできない!」 「生活保護受給中は働いたら駄目!」 「働きだしたら生活保護がすぐに廃止させられる!」 と言ったデマを時々信じている方がいらっしゃいますが、それらはハッキリ言って嘘です。 生活保護を受けながら...
生活保護を受けながらいくらまで働ける?稼げる収入の目安はいくら?
仕事をしていると生活保護を受給することができない、とよく勘違いされていますが、生活保護を受けながら仕事をすることはできます。 しかし、そこで問題になるのが、いくらまでなら生活保護を受給しながら働くことができるのか?と言う点だと...

そして、働いて得た収入があれば例えパート・アルバイトであっても、職業の欄と収入の欄に堂々と記入することができるため、審査の厳しいクレジットカードは無理でも、比較的審査の通りやすいクレジットカード会社なら、簡単にクレジットカードを作成することができます。

生活保護受給者がパート・アルバイトした場合の収入認定や注意点
生活保護の受給が始まると、自立に向けた取り組みをする必要があります。 病気がある人は、まず治療に専念する必要がありますが、病気の状態が軽度の場合や健康な場合は、経済的な自立に向けて就職活動をしなければいけません。 とは言え、いき...

なお、ホームページ等で生活保護受給者でも職業の欄に「自営業」と書けばクレジットカードの審査が通る!みたいな書き込みが見られますが、虚偽申告となるため、嘘を書いて申請するのは絶対にやめましょう。

生活保護ならデビットカードや電子マネーがオススメ

生活保護でもクレジットカードを所有・利用することができますが、クレジットカードは後払いですし、カード利用可能額も大きいことから、使いすぎてしまう可能性もあります。

そのため、生活保護受給者が現金以外の決済方法を得たいなら使いすぎる心配の少ないデビットカードや電子マネーがオススメです。

生活保護受給者はデビットカードを使うことができる?できない?
生活保護の受給が開始すると、様々な制限が掛かります。 例えば自動車・バイクの所有・運転は認められていませんし、各種保険に加入することはできません。 しかし、生活保護でも認められていることなのに、ダメだと思われていることも多数あり...
生活保護でもペイペイ等の電子マネーを使える?ポイントは?
昔は電子マネーと言えば交通系のICカードSuica(スイカ)、ICOCA(イコカ)、PASMO(パスモ)くらいで、用途のほとんどは電車に乗るためのものと言うイメージが強かったと思いますが、最近はペイペイをはじめ、楽天ペイ、LINEペイなど、...

デビットカードや電子マネーであれば、ポイントが貯まると言うメリットはそのままに、今ある現金以上に使い過ぎてしまうことを防ぐことができます。

生活保護受給者の多くは、お酒やタバコ、ギャンブル等の欲望に弱く、お金の使い方が荒い人が多いため、使いすぎてしまう危険性のあるクレジットカードよりも、使いすぎる心配のないデビットカードや電子マネーの方が作りやすくオススメです。

生活保護受給者の特徴は?どんなタイプの人が多い?
生活保護受給者が生活保護を受給するまでの経緯は、人の数だけあるため千差万別です。 しかし、生活保護を受給することになる人の特性や生活保護を受給するようになったことで出てくる特性には共通する箇所もいくつかあります。 そこで、このペ...

まとめ

生活保護でもクレジットカードは所有・使用できるのか?また、クレジットカードを使用上での注意や作るコツについて、ご説明させていただきました。

上記をまとめると

  • 生活保護受給者でもクレジットカードの所有・使用はできる
  • 福祉事務所にクレジットカードを制限する権限はないため、クレジットカードの利用状況を調査したり、生活保護受給者のクレジットカードを預かることはできない
  • クレジットカードを使って得たポイントは生活保護受給者が自由に使える
  • キャッシング(借金)をすると生活保護費が減額される
  • 生活保護受給者だとクレジットカードの審査を通過することは難しいが、働いて収入を得ている場合はクレジットカードの審査を突破できる
  • 生活保護受給者はお金の使い方が上手ではない人が多いため、使いすぎる心配のないデビットカードや電子マネーがオススメ

となります。

その他、生活保護に関する様々な疑問については、下記にまとめてありますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

https://seikathuhogomanabou.com/category/qa/

コメント

タイトルとURLをコピーしました