現在、生活保護を受給している方又は生活保護を申請しようと
思ってこのページに来られた方は、心のどこかで
「生活保護って恥なのかな?」と思っているのではないでしょうか?

生存権は日本国憲法で保障された権利です。

日本国憲法第25条 第1項
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

そして、その生存権を具体化した法律が生活保護法です。

そのため、生活保護を受給することを恥じる必要はない
私は思います。

むしろ、生活に困窮するあまり万引きや強盗等の
犯罪を犯すことの方が、よほど恥だと思うので、
生活保護の条件を満たす程、生活に困っているのであれば、
生活保護を申請するべきだと思います。

ただ、「生活保護を受給することは恥だ!!」
考えて受給している人の方が経験上、下記の理由により、
色々と得をしているなと感じます。

生活保護を早々に脱却する

生活保護を受給中は就労に関して下記のような支援を
受けることができます。

生活保護受給中に受けられる就労支援各種

上記に加えて条件を満たせば、生活保護受給中に
自動車運転免許を取得することも可能です。

生活保護を受給することを恥だと思っている人は、
どうにかして生活保護を脱却しようと、これらの
支援を上手に使います。

凄い人は早々に就職して
生活保護費以上の収入を得るようになり、
生活保護を辞めていきます。

給与を得て生活保護費+αの生活を送る

残念ながら最低生活費を超えるほどの
収入を得ることは出来なくても
就職して給与収入を得るようになれば、
各種控除を受けることができます。

基礎控除が15,000円あるので、もしも15,000円以上の
給与収入があれば、何も働いていない場合と比べて、
少なくとも15,000円も月に使える生活費が増えます。

控除される金額については、収入額によって異なるため、
収入が多くなればなるほど、控除額も増えるので、月に使える
生活費もさらに増えます。

詳しくは、生活保護の収入認定 給与収入の場合のページをご覧ください。

病気の治りが早い

うつ病やガンなど、病気が理由で就職することができず
生活保護を受給する人もいます。

そういう場合でも、生活保護を恥だと思っている人は、
早く治して自立しようと治療に専念するため、治りが
早いです。

病気を理由に生活保護を受給したい人は、
そもそも治る気がないため、入院を拒否する等、
治療に専念してくれません。

現状維持のままなら良いんですが、それが
原因で病気が悪化してしまい、最悪死に至るケースもありました。

最後に


生活保護の受給期間が長い人ほど、
「生活保護は恥か?」なんて概念はありません。

生活保護費の支給日のことを給料日と言うくらいです。

もらって当然になってしまうと、もう自立は見込めません。

母子家庭は普通に支給金額も多いですし、そうでなくても
働かなくてお金をもらえると言う意味では楽かもしれません。

しかし、最後単身高齢者になった時にもらえる支給金額は、
かなり少なく苦しい生活を送ることになります。

そのため、生活保護を受給することが恥かどうかを気にするのではなく、
その気持ちをバネにすることをオススメします。