生活保護における給料収入の取り扱いは?収入申告しないとどうなる?

収入・資産

生活保護を受給していると、働いてはいけないのでは?と思う方もいらっしゃいますが、働きながら生活保護を受給することはできます。

生活保護は働きながらでも受給できるの?給料収入の取り扱いは?
「生活保護受給中は働いたら駄目!」 「働きだしたら生活保護がすぐに廃止させられる!」 と言ったデマを時々信じている方がいらっしゃいますが、それらはハッキリ言って嘘です。 生活保護は働きながらでも受給できる 生活保護の受給条件...

なぜなら、生活保護の受給条件は非常にシンプルで「世帯の収入が最低生活費以下であること」だからです。

生活保護の条件はたった1つ!
生活保護は最後のセーフティネットと呼ばれており、 生活に困窮された人のための、最後の救済措置です。 生活保護とは 資産や能力等すべてを活用してもなお生活に困窮する方に対し、 困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度...
生活保護の条件である最低生活費とはいくら?計算方法は?
よく生活保護制度の中で、「最低生活費」と言う単語を聞くと思います。 それもそのはず、生活保護の条件が「世帯の収入が最低生活費以下であること」なので、最低生活費が非常に重要な指標となります。 しかし、ケースワークの現場でも...

そのため、最低生活費を超えなければ、生活保護を受給しながら仕事をすることは可能です。

「でも、どうせ一生懸命働いて給料収入を得ても給料全額が、そのまま生活保護費が減らされるから働いても無駄なんじゃないの?」と思う方が多いのではないでしょうか?

確かに年金収入に関しては、その全額が生活保護費から引かれるため、意味はありません。

年金収入
生活保護受給中に年金収入を得た場合の取扱いについて詳しく説明しています。

しかし、給料収入に関しては各種控除があるため、生活保護受給中でも働くほど儲かるようになっています。

給料収入は控除等を受けられる

給料収入は、その他の収入と違い、きちんと収入申告をすれば収入認定額から交通費等の必要経費を差し引くことや各種控除を受けることができます。

給料収入だけ、このような取扱いをする理由は1.勤労に伴う必要経費の補填2.勤労意欲の増進・自立助長をするためです。

つまり、「働いたってどうせ無駄」と思わせないように、国も考えていると言うことです。

必要経費については、そこまでお得感を感じにくいですが、各種控除があるため、働いて給料収入を得た方が生活保護費のみで生活するよりも、月々に使えるお金も増加するため保護脱却に至らなくても働いた方が絶対にお得です。

生活保護の支給金額を増やす方法
生活保護費の支給金額(=最低生活費=生活保護の条件)は、 一律ではありません。 地域や世帯の状況によっても支給金額がガラリと 変わります。 誰しも、生活保護費をもらえるなら、 できるだけ多い金額をもらいたいのではないでしょ...

特に20代、30代の若い世代の方で、生活保護を受給している人は、生活保護費だけでは足りないと思うので、働くことを検討することをオススメします。

生活保護は20代でも受給できる?20代の場合の条件や金額、注意点等について
20代と言うと、若く健康で、これから社会に出て仕事をしていく年代でもあることから、生活保護を受給できないのでは?と思う方が多いのではないでしょうか?結論から言いますと、実は生活保護は20代でも受給することができます。しかも、病気や障害等の特

それでは、下記で給料収入が出た場合の各種控除について、具体例を交えながらご紹介します。

基礎控除

基礎控除は給料収入があれば誰でも受けることができます。
最低基礎控除額は15,000円で、給料収入が増えれば増えるほど基礎控除額も増額していきます。

なお、給料収入が15,000円以下の場合は給料全額が控除されます。
つまり、給料分がまるまる生活費として上乗せされます。

例:最低生活費10万円、給料収入額8,000円の場合

給料収入が15,000円以下のため8,000円全額が控除になります。
最低生活費10万円-(給料収入8,000円-基礎控除15,000円)
=最低生活費10万円-0円
=10万円支給額10万円+給料収入8,000円
=108,000円

となり、上記のように働かない場合と比べて、給料収入がある分、月に使えるお金が8,000円増えます。

例2:最低生活費10万円、給料収入額63,000円の場合
63,000円以上66,999円以下の場合、基礎控除額は20,000円になるため、
最低生活費10万円-(給料収入63,000円-基礎控除20,000円)=57,000円
支給額57,000円+給与収入63,000円=12万円

となり、月に使えるお金が20,000円増えます。
このように、給料収入が増えれば、増えるほど、基礎控除も増えるため、より毎月の生活が豊かになります。

ちなみに、平成25年8月までは基礎控除(最低控除額8,000円)と特別控除がありましたが、平成25年8月以降は基礎控除(最低控除額15,000円)のみになりました。
特別控除は条件が別途あったため 生活保護受給者にとっては、基礎控除額が増額された今の制度の方がシンプルで 使い勝手も良いと思います。

未成年者控除

未成年者が就労している場合、基礎控除に加えて未成年者控除を受けることができます。
未成年者控除の額は11,600円です。

なお、基礎控除と違い、未成年者控除は一律11,600円です。
つまり、給料が増えても、減っても控除額は変わりません。

例:最低生活費10万円、給料収入63,000円の場合
最低生活費10万円-(給料収入63,000円-基礎控除20,000円-11,600円)=68,600円
支給額68,600円+給料収入63,000円=131,600円

となり、働かない場合と比べて月に使えるお金が31,600円増えます。

未成年者が働いて給料収入を得た場合、上記のように基礎控除に加えて更に控除がつくため、月々に使えるお金も増えます。

未成年者控除が適用される期間については未成年者である間は継続されます。

新規就労控除

継続性のある仕事に新たに就職した場合、基礎控除に加えて新規就労控除を受けることができます。
新規就労控除の額は11,600円です。

新規就労控除についても、未成年者控除と同様に一律11,600円で、給料が増えても、減っても控除額は変わりません。

例:最低生活費10万円、給料収入63,000円の場合
最低生活費10万円-(給料収入63,000円-基礎控除20,000円-11,600円)=68,600円
支給額68,600円+給料収入63,000円=131,600円

となり、働かない場合と比べて月に使えるお金が31,600円増えます。

新規に就労して給料収入を得た場合、上記のように基礎控除に加えて更に控除がつくため、月々に使えるお金も増えます。

ただし、新規就労控除の適用期間は6ヶ月間です。
7ヶ月目以降は新規就労控除はなくなり、基礎控除のみとなります。

給料収入を申告しなかった場合は全額徴収金となる


給料収入の収入申告をしない方が生活保護費満額+給料収入になるから、お得なんじゃないの?と悪いことを考える人が中にはいますが、絶対にやめてください。

給料収入の収入申告をしなければ生活保護の不正受給となります。

Q 不正受給が発覚した場合の取扱いは?
Q 不正受給が発覚した場合の取扱いは? A 不正受給した金額を一括返還する必要があります。また悪質な場合は刑事告訴される場合があります。 不正受給が発覚した場合、担当ケースワーカーは収入調査・金融機関調査等の各種調査を行い まずは...

生活保護の不正受給となった場合、隠していた給料収入全額を生活保護法第78条徴収金として、福祉事務所に返還しなければいけません。

生活保護法第63条返還金と第78条徴収金の違いとは?
福祉事務所は本来支給する金額よりも多くの生活保護費を支給してしまった場合に、 生活保護法第63条返還金又は生活保護法第78条徴収金を根拠に 生活保護者から返還又は徴収することができます。 返還金も徴収金も生活保護受給者から生活保...

給料収入をキチンと申告していれば、上記のように基礎控除等の各種控除を受けることができますが、徴収金となった場合、各種控除は一切受けることができません。

例:1ヶ月の給料15,000円の生活保護受給者が6ヶ月未申告の場合
15,000円×6ヶ月=90,000円
毎月キチンと給料収入を申請していれば、給料全額が控除され、6ヶ月で90,000円も生活保護費に加えて生活することができます。
しかし、未申告であれば、各種控除は一切受けられず、給料として得た90,000円全額を徴収金として、返還しなければいけません。

このように、給料収入を黙って隠していた方が損をするため、給料をもらったら収入申告するべきです。

給料収入は必ずバレる


「いやいや給与収入があってもバレなければ、大丈夫!!」と思ったら大間違いです。

ケースワーカーは生活保護法第29条を根拠に年間の収入について調査をする権限があります。

ケースワーカーとは?仕事内容は?
生活保護受給者には、必ずケースワーカー(CW)と言う担当の人がつきますが、このケースワーカーとは、そもそも何者なのか?どういう仕事をするのか?よくわからないと思います。 そこで、このページでは ケースワーカーはどうい人なのか? 仕...

そして、毎年必ず収入調査をしていますので、給与収入を隠そうと思っても必ずバレます。

収入調査
生活保護を申請すると収入調査が行われます。調査内容について詳しく説明しています。

100%バレるため、給料収入を隠すだけ無駄ですし、損をするだけなので、給料収入が入ったら、必ず申告しましょう。

給料収入はいくらまで稼いでも良いのか?


いくらまでなら生活保護を続けながら給料収入で稼いで良いのか?ついてですが、最低生活費を超えない範囲であれば、生活保護を受け続けることができます。

最低生活費は8つの扶助の合計金額で算出されます。

生活保護の8つの扶助とは?特性・要件・支給内容について解説
生活保護には全部で8つの扶助があります。生活保護の支給はどれも必ず、この8つの扶助のどれかに該当します。ただし、自動的にもらえるわけではなく、必ず申請が必要です。このページではそれぞれの特性・要件・内容・支給金額等についてわかりやすく解説しています。

そして、それらの扶助の合計金額(最低生活費)が毎月の支給日に支給されている生活保護費です。

Q 生活保護費の支給日はいつ?定例支給と追加支給の支給日を紹介
生活保護の受給が開始されると、生活保護費が支給されるようになります。 では、いつ生活保護費が支給日されるのか?気になりますよね。 実は、生活保護費の支給日は、生活保護費の支給方法や支給月、福祉事務所によって変わってきます。 そ...

つまり、毎月支給される生活保護費以内の給料収入であれば、生活保護を受けながら働くことができます。

そのため、例えば
1人世帯の場合は生活保護費が大体11万円から13万円以内のため、11万円から13万円以内まで
夫婦子2人の4人世帯の場合は生活保護費が17万円から21万円以内のため、17万円から21万円以内まで

給料収入で稼いでも生活保護の範囲内となります。

まとめ


生活保護受給者が給料収入を得た場合の取り扱いについて、ご説明させていただきました。

生活保護を脱却できるほどの給料収入が得られれば、ケースワーカーから、とやかく言われることもなくなり、良いのでしょうが、なかなかすぐには難しいと思います。

そのため、まずはパート・アルバイトなどで、給料収入を得て、月々に使えるお金を増やしていくことから始めたら良いと思います。

生活保護受給者がパート・アルバイトした場合の収入認定や注意点
生活保護の受給が始まると、自立に向けた取り組みをする必要があります。病気がある人は、まず治療に専念する必要がありますが、病気の状態が軽度の場合や健康な場合は、経済的な自立に向けて就職活動をしなければいけません。とは言え、いきなり正社員や派遣

繰り返しになりますが、給料収入は100%福祉事務所にバレます。

そして、最悪の場合は、勤め先にも調査の手が伸びる、つまり生活保護受給中であることがバレてしまうため、くれぐれも申告漏れだけはないように気をつけましょう。

あわせて読みたい記事

就職が決まると就職支度費が支給されます。
就職の決まった生活保護受給者が、就職のため直接必要とするスーツや靴等の 購入費用については、就職支度費が臨時的に支給されます。 また、初任給が支給されるまでの通勤費についても、就職支度費から支給されます。 ちなみに… 就職...
就労意欲喚起等支援事業
「就労意欲喚起等支援事業とは就労意欲の喚起を図るための支援を 民間職業紹介事業者等に委託して実施し、既存の就労支援策と併せて 生活保護受給者の更なる就労支援策の充実を図る事業です。」 (厚生労働省のHPより抜粋) 今までは就労指...
就労活動促進費が創設されました。
平成25年8月1日から生活保護法が改正されて就労活動促進費が創設されました。 支給の趣旨 生活保護では能力に応じて勤労に励み、生活の維持、向上に努めること等を規定しています。 しかし、就職活動を、すればするほど電話代や面接会場まで...
資格取得費
生活保護受給者が就職するために必要とする資格取得・技能習得費用については、 資格取得費が臨時的に支給されます。 正式名称は技能習得費です。 しかし、技能習得よりも資格取得に利用されることが多いため このページでは資格取得費として...
Q 車の運転免許を取得できますか?
Q 車の運転免許を取得できますか? A 条件は難しいですが担当ケースワーカーに就労が確実と認めさせれば支給されます。 生活保護受給中の場合、原則として自動車を運転することはもちろん、保有することも 禁止されています。 しかし...

https://seikathuhogomanabou.com/syuurouziritukyuufukin/

タイトルとURLをコピーしました