生活保護世帯の特別定額給付金はどうなる?収入認定は?

Q&A

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策として、
特別定額給付金(仮称)事業が実施され、
全国民に一律10万円が支給されます。

生活保護受給者の場合、この10万円の取り扱いが
どうなるのか?気になると思います。

そこで、このページでは

・生活保護受給中でも特別定額給付金はもらえるのか?
・特別定額給付金は収入認定されるのか?
・その他注意点はあるのか?

についてご紹介します。

特別定額給付金は生活保護受給中でももらえる

通常、国・県・市町村等が行う給付金については
所得制限などの条件が付き物です。

しかし、今回の特別定額給付金の条件は

・基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者

のみです。

つまり、誰でももらうことができます。

当然、生活保護受給中であっても
特別定額給付金をもらうことができます。

特別定額給付金は収入認定されない

生活保護受給者の場合、何かしらの収入があれば、
ケースワーカーは収入認定をし、生活保護の支給金額を調整します。

給与収入の場合は、基礎控除等がつくため、
月々に使える生活費が増えるメリットがあります。

しかし、年金児童手当児童扶養手当などは
一切控除がつかず、もらった分だけ生活保護支給額が
減額されてしまうため、お金の出所が変わるだけで、
実際に使える生活費は一切増えませんでした。

今回支給される特別定額給付金についても、
通常の運用であれば、全額収入認定をされるため、
もらっても意味がないものになる可能性がありましたが、
厚生労働省は特別定額給付金の趣旨・目的を鑑み、
収入認定をしない取り扱いとする方針であると発表しています。

参考:特別定額給付金の生活保護制度上の取扱い方針について

つまり、生活保護受給中でも月々の生活保護費とは別に
特別定額給付金がもらえます。(=月々に使えるお金が増える。)

あくまで方針のため、詳しい取り扱いについては、まだ発表がありませんが、
恐らく単身世帯などは満額もらえると思います。

ただし、世帯数が多い場合、例えば5人世帯、6人世帯だと
給付額が50万円、60万円と高額になりすぎるため、逓減率を掛けるなどして
調整が入る可能性があります。

注意点1:期日までの申請が必要

特別定額給付金の注意点としては、
期日までに申請しなければもらえない点です。

申請期限は、郵送申請方式の申請受付開始日から3か月以内となっています。

この時期を過ぎてしまうと、一切もらえないため、
忘れずに手続きをしましょう。

注意点2:特別定額給付金給付開始後の生活保護申請

現在生活保護受給中の方は特別定額給付金をもらっても
収入認定されません。

しかし、特別定額給付金の給付開始後に新たに生活保護を
申請する場合は、少し取り扱いが変わってくるのではないかと
予想されます。

生活保護申請者が特別定額給付金受給前の場合、
生活保護制度は他法他施策優先の原則があるため、
「まずは特別定額給付金を利用してから生活保護を申請してください」
という流れになると思われます。

生活保護申請者が特別定額給付金受給後の場合、
特別定額給付金でもらったお金と、そうでないお金を区別することが
できないため、生活保護の条件を満たすかどうかは、
通常通り、現在の所持金で判断されることになると思われます。

まとめ

生活保護受給中でも特別定額給付金はもらえます。
しかも、収入認定されないため、自由に使うことができます。

ただし!申請をしなければ、
特別定額給付金をもらうことはできないため、
忘れずに期日までに申請しましょう!

なお、子育て給付金(臨時特別給付金)についても同様に
収入認定されないので自由に使うことが可能です。

詳しくは、下記をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました