返還金

返還金
スポンサーリンク
Q&A

生活保護費は役所のミスでも返還しなければいけないの?少ない場合の支給は?

役所のミスで生活保護費が多く支給される場合や逆に少なく支給される場合もあります。 では、生活保護費が多く支給された場合は過払い分を全額役所に返還しなければいけないのでしょうか? また、逆に生活保護費が少なく支給された場合は少ない...
Q&A

生活保護でも旅行はできる?実家への帰省もできない?

生活保護の受給を開始すると、様々な制限が掛かってきます。 例えば自動車やバイクの所有や利用は認められていませんし、就労指導を受けたり、数ヶ月に1度訪問調査を受ける必要があります。 では、旅行はどうなんでしょうか?...
不正受給

高校生のアルバイトによる不正受給は卒業後どうなる?請求先は?

生活保護世帯の高校生がアルバイトして給与収入を得た場合も 福祉事務所・担当ケースワーカーに申告する義務があります。 >>高校生(未成年者)のバイト代も収入申告しないといけないの? そして、もしも未申告の場合は不正受給として ...
収入・資産

高校生のバイト代でも、未申告は不正受給として全額返還させるべき

生活保護の問題として、よく取り上げられるのは、不正受給問題です。 その中で、特に高校生のバイト代未申告問題については、 「高校生のバイト代を全部返還させるのは、かわいそうだ!」 「自己責任だから、全額返還は当然だ!」 など様々な...
Q&A

生活保護受給者が逮捕された場合の取扱いは?

生活保護受給者が何かしらの犯罪を犯すこともあります。 では、生活保護受給者が逮捕された場合、 生活保護は継続される?継続できる? 釈放された後の生活保護はどうなるの? 等、気になりますよね? このページでは、生活保護受給...
収入・資産

年金額が変わったら

年金額が変わったら 生活保護受給中の場合、収入が発生したら担当ケースワーカーに 報告する義務があります。 それは、働いて得た収入に限らず、年金収入についても 同様に報告する義務があります。 年金は給与収入と違い、あ...
Q&A

生活保護受給中の離婚や離婚後に生活保護を受給する場合の取り扱いについて

生活保護受給中は離婚することができないのでは?と思っている人がいますが、実は生活保護受給中でも離婚することはできます。 生活保護の条件として、「生活保護受給中に離婚してはいけない」なんてものはありません。 同様に、「離婚...
Q&A

生活保護でも結婚することはできる?結婚後の生活保護はどうなる?

Q 生活保護受給中でも結婚することはできますか? A 生活保護受給中でも結婚することはできます。 生活保護受給中は結婚することができないのでは?と思っている人が多数いますが、実は生活保護受給中でも結婚することはできます。 ...
Q&A

Q 車の運転免許を取得できますか?

Q 車の運転免許を取得できますか? A 条件は難しいですが担当ケースワーカーに就労が確実と認めさせれば支給されます。 生活保護受給中の場合、原則として自動車を運転することはもちろん、保有することも 禁止されています。 しかし...
Q&A

生活保護は貯金があったら受給できない?貯金の上限はいくらまで?

貯金があると生活保護を申請できない、もしくは生活保護が廃止になると勘違いされている方が多いですが、生活保護は貯金があっても受給することができます。 と言いますか、むしろ生活保護を申請する時も受給中もある程度の貯金は必要です。 ...
申請・手続き

支給金額決定通知書の重要性について

生活保護の受給を開始した場合、月々にいくら支給されるのかの明細が発行されます。 それが支給金額決定通知書です。 支給金額決定通知書は自治体によりますが、毎月発行される場合と金額に変更があった時 のみ発行する場合があります。 ...
支給関係

資格取得費

生活保護受給者が就職するために必要とする資格取得・技能習得費用については、 資格取得費が臨時的に支給されます。 正式名称は技能習得費です。 しかし、技能習得よりも資格取得に利用されることが多いため このページでは資格取得費として...
申請・手続き

生活保護の条件はたった1つ!

生活保護は最後のセーフティネットと呼ばれており、 生活に困窮された人のための、最後の救済措置です。 生活保護とは 資産や能力等すべてを活用してもなお生活に困窮する方に対し、 困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度...
支給関係

期末一時扶助費

期末一時扶助費は本来生活扶助に分類されますが、名称がややこしいですし 性質もどちらかと言うと一時扶助みたいなので、一時扶助の中に分類しています。 期末一時扶助費とは12月から翌年1月にかけて引き続き生活保護を受ける 生活保護受給者...
不正受給

現状の調査権限では不正受給を防ぐことができません

調査権限があるのでは? 福祉事務所は生活保護法第29条を根拠に資産及び収入等について 関係機関に対して調査する権限があります。 「調査権限」と言われると警察が行うような強制捜査ができる イメージをお持ちの方もいると思います。 ...
不正受給

生活保護法第63条返還金と第78条徴収金の違いとは?

福祉事務所は本来支給する金額よりも多くの生活保護費を支給してしまった場合に、 生活保護法第63条返還金又は生活保護法第78条徴収金を根拠に 生活保護者から返還又は徴収することができます。 返還金も徴収金も生活保護受給者から生活保...
収入・資産

高校生(未成年者)のバイト代も収入申告しないといけないの?

Q  高校生(未成年者)のバイト代も収入申告しないといけないの? A  高校生(未成年者)のバイト代も収入申告する必要があります。 「高校生(未成年者)が一生懸命働いたバイト代を収入認定するなんておかしい!」 と言う意見が聞こえて...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました