Q 生活保護受給中でも結婚することはできますか?
A 生活保護受給中でも結婚することはできます。

生活保護受給中は結婚することができないのでは?
と思っている人がいますが、生活保護受給中でも結婚することはできます。

生活保護の条件として、「結婚してはいけない」なんてものはありません。

生活保護を受給することで、受ける制限については
Q 生活保護受給者の制限は?に記載があるもののみです。

そのため、結婚することはもちろん可能です。

ただし、結婚することによって、世帯の状況が変わるため
様々な手続きをしなければならない点については注意が必要です。

生活保護受給者同士で結婚する場合

結婚すると、どちらかの世帯が、もう一方の世帯に転入するよう指示されます。

なぜなら結婚した以上、社会通念上同居する方が望ましく、また生活保護費の支給金額も
それぞれの世帯で支給するよりも少なくて済むからです。

例:月々の生活保護費が10万円の世帯Aと世帯Bが結婚して同居した場合
結婚して同居する前の生活保護費の支給金額は
世帯A10万円+世帯B10万円=合計20万円
結婚して世帯Bが世帯Aに転入した後の生活保護費の支給金額は
世帯A(世帯B転入済)15万円=合計15万円
20万円-15万円=5万円
この場合、生活保護費の支給金額が5万円少なくて済みます。

世帯が同じになることで、支給金額も一本化されて減額しますが、同様に
家賃や光熱費等の支出も一本化されて減額するため、月々の生活費自体は、
大して変わりはありません。

ただし、結婚する場合は、離婚する場合と異なり、引越し費用が認められません。

引越し費用を支給してもらうには転居費用(引越し代・敷金等)のページに
あるような条件を満たさなければいけませんが、結婚だけでは、その条件を
満たさないため、支給されません。

一応、敷金・礼金の戻りや世帯変更に伴う生活保護費の過払金を
返還免除してもらうなど、引越し費用の一部を別の形で支給してもらうことは
可能だと思います。

しかし、それらは担当ケースワーカーの判断に依りますので
基本的には自分で支出すると思っていた方が良いです。

生活保護受給者と生活保護受給者ではない人が結婚する場合

生活保護は世帯で認定するため、片方は受給して、片方は受給しない
なんて言うことは許されません。

全員生活保護をやめるか、全員生活保護を受給するかの
どちらかしかありません。

結婚することによって生活保護をやめる場合は辞退届を
提出する必要があります。

※申請がないと現在生活保護受給中ではない方の収入等がわからず、
保護の要件を満たすかどうかがわかりません。
そのため、ケースワーカーの職権による廃止はできません。

廃止日によっては、返還金が発生するため、
廃止日をいつにするかについては、担当ケースワーカーとよく話し合いましょう。

結婚後も生活保護を受給する場合は、現在生活保護を受給していない方が
新たに生活保護の申請をする必要があります。

※現在生活保護受給中の世帯に入るため、厳密に言うと生活保護の変更申請となります。
ただし、申請内容や申請から決定までの流れは、新規の申請と全く一緒です。

そのため、約1ヶ月の間、金融機関調査扶養義務調査訪問調査等の各種調査が行われて
生活保護の条件を満たすかどうか検討されます。

当然、給与収入貯金があり、最低生活費以上の生活が見込める場合は、
生活保護の廃止となります。

まとめ

生活保護受給中の方が結婚する場合は、様々な手続きをしなければいけません。

だからと言って面倒だからと黙っている場合は、不正受給となり、最悪
生活保護の廃止となるため、必ず申告しましょう。

また、今後の生活保護の金額等にも変化が起きるので、タイミングが悪いと
返還金等も請求される可能性もあります。

なので、必ず事前に担当ケースワーカーと、どういうタイミングで
手続きを行うのがベストなのか相談しましょう。

結婚後についても、妊娠、出産した場合は、申請後、事実確認ができたら、
それぞれ妊婦加算産婦加算児童養育加算がつくので、
世帯に変化が起きそうな時は事前に必ず担当ケースワーカーに相談しましょう。