Q 生活保護受給中でも私立の学校に行くことはできますか?
A 私立の学校に行くことはできますが、教育費は公立分しか支給されません。

生活保護受給中であっても私立の小学校、中学校、高校に通学することは可能です。

生活保護受給中だからと言って、私立に通うことを担当ケースワーカーが禁止することも
ありません。

どこの学校に行くのも生活保護受給者自身の自由のため、担当ケースワーカーが
とやかく言う問題ではありません。

ただし、私立の学校に通学させようと思った場合の就学費については気をつけなければ
いけません。

通学中のお子さんがいる場合、生活保護費から就学費が
支給されます。

小学校、中学校に通学している場合は教育扶助から
高校に通学している場合は生業扶助から就学費が支給されます。

※支給金額等については、それぞれのページに記載がありますので、
そちらを参照して下さい。

就学費は支給されるんですが、それぞれの扶助の支給金額は決まっており、
公立の学校に通学しようと私立の学校に通学しようと支給金額に差はありません。

私立の学校に通学することになっても、特別の支給はありません。

公立に通う場合であっても、支給される就学費では少し足りないくらいですので
私立に通う場合は、さらに生活費の負担が大きくなります。

そのため、担当ケースワーカーからは私立の学校に行くと生活費が苦しくなるので、
公立の学校に行った方が良いのでは?と助言されることはあると思います。

もし、私立の学校に通わせたいと思う場合は、生活費が苦しくなるのを覚悟する、
就労を開始して給与収入に対する控除を生活費に充てるか、特待生として入学して
経費を少なくする等の対策を考える必要があると思います。

本人が私立の○○学校に行かないと就きたい仕事につけない等、その私立に
行く強い思い入れがあるのであれば、私立に行けるように家族で応援して
あげたら良いと思います。

しかし、特にそのような特別な事情がないのであれば
生活のことを考えて公立の学校に行くほうが金銭的にはやさしいので
公立に行くことをオススメします。