福祉事務所

一時扶助

転居費用(引越し代・敷金等)

「生活保護受給者は引越しができない」と勘違いしている方もいますが、 そんな事はありません。 生活保護受給者でも引越しをする事はできます。 引越しができるどころか、安定した住居のない場合(ホームレス等) 又は転居が必要と認めら...
生活保護法改正

福祉事務所の調査権限が拡大されました。

福祉事務所の調査権限とは 福祉事務所は生活保護法第29条を根拠に収入調査や金融機関調査等の各種調査を行っています。 この調査結果をもとに生活保護の決定や不正受給の確認をしています。 改正内容 生活保護法が改正されるまでは ...
生活保護法改正

健康・生活面における生活保護受給者の責務が増えました。

平成26年1月1日から法改正により ①健康の保持及び増進に努めること ②収入、支出その他生計の状況を適切に把握すること が生活保護受給者の責務として位置づけられました。 改正内容 「生活保護受給者の責務」となりましたが...
Q&A

Q 生活保護費の支給方法は?

Q 生活保護費の支給方法は? A 窓口支給と口座支給の2通りの支給方法があります。 毎月決まった日に支給される定例支給及び、必要に応じて支給される追加支給ともに 窓口支給か口座支給か、どちらか選択することができます。 例えば...
関係法令・施策

就労意欲喚起等支援事業

「就労意欲喚起等支援事業とは就労意欲の喚起を図るための支援を 民間職業紹介事業者等に委託して実施し、既存の就労支援策と併せて 生活保護受給者の更なる就労支援策の充実を図る事業です。」 (厚生労働省のHPより抜粋) 今までは就労指...
Q&A

Q 担当ケースワーカーの指導指示に従わない場合どうなりますか?

Q  担当ケースワーカーの指導指示に従わない場合どうなりますか? A  最悪の場合、生活保護の停止又は廃止になります。 生活保護法第二十七条を根拠に担当ケースワーカーは生活保護受給者に対して、 生活の維持、向上その他保護の目的達...
生活保護法改正

貸付資金(借金)が認められるようになりました。

平成26年7月1日から実施要領が改正されて生活必需品等を購入するために 他法他施策による貸付資金を利用した場合、 その貸付資金(借金のこと)は収入認定しないことになりました。 支援の趣旨 生活扶助のページにあるように、原則、家電...
Q&A

生活保護受給者が自動車に乗っているのを見かけたんだけど?

Q 生活保護受給者が自動車に乗っているのを見かけたんだけど? A 市役所にある福祉事務所に連絡してください。 その方は生活保護受給者ではないかもしれません。 自動車のページにあるように自動車の使用又は所有を 認められている生活保...
ケースワークの現状

ケースワーカー不足

ケースワーカーの持ち件数は80件程度(80世帯です。人数で言うと140人くらいかな?) が望ましいと言われています。 しかし、公務員は人員削減により減らされ、逆に生活保護受給者は増加しているため 持ち件数はどんどん増えています。 ...
タイトルとURLをコピーしました