Q 生活保護受給者が自動車に乗っているのを見かけたんだけど?
A 市役所にある福祉事務所に連絡してください。

その方は生活保護受給者ではないかもしれません。
自動車のページにあるように自動車の使用又は所有を
認められている生活保護受給者かもしれません。

しかし、残念ながら自動車の使用又は所有が認められていないのにも関わらず
自動車を使用している生活保護受給者がいるのが現状です。

ちなみに生活保護受給者は公表されていませんし、問い合わせがあっても
個人情報保護のため、受給中であるとも、受給中ではないとも回答できません。
当然自動車が認められいるかどうかも回答できません。

生活保護受給者と思われる方が自動車に乗っているのを見かけた場合、市役所にある
福祉事務所に連絡して、できるだけ詳しい情報を伝えてください。

できれば、その方の氏名、自動車の車種、ナンバー、どこで見かけたか、駐車場所等が
わかると調査及び指導がしやすいです。

福祉事務所でも当然調査をしていますが、協力者がいる場合、調査の網を抜けることもできるため
全てを把握できないのが現状です。

担当ケースワーカーも訪問時や移動中に対向車等を見て生活保護受給者が自動車を使用していないか
チェックしていますが、限界があるため、見かけた場合は連絡してもらえると
福祉事務所は非常に助かります。

ただ単に生活保護受給者が自動車に乗っていることを伝えるだけで
何も情報を提供する気がないのであれば連絡しない方がいいです。

例えば「名前は言えないけど生活保護受給者が自動車に乗っているのに、何で指導をしないんだ。」
と言う連絡がよくあります。

まず、その方が生活保護受給者ではない可能性が高いです。
そして、もし生活保護受給者だったとしても、何の情報提供もなければ
上記のように調査の網を抜けているような場合、そのままになってしまいます。

実際に生活保護受給者が自動車を使用しているのを知っているのにも関わらず
連絡しない、または連絡はするけれど情報提供しない人は不正受給を容認しているのと同じです。

真面目に担当ケースワーカーの指導に従っている生活保護受給者までもが
悪いイメージを持たれて迷惑を受けます。

生活保護法の適正実施の為にも、もし生活保護受給中と思われる方が自動車に乗っている場合は
市役所にある福祉事務所に連絡してください。