他法他施策

Q&A

生活保護受給中の子育て給付金(臨時特別給付金)の取り扱いはどうなる?

令和2年4月20日に閣議決定された 「新型コロナウィルス感染症緊急経済対策」において、 児童手当(特例給付を除く)を対象児童一人あたり1万円を 上乗せする子育て給付金(臨時特別給付金)を給付することが決まりました。 生活保護受給...
Q&A

生活保護世帯の特別定額給付金はどうなる?収入認定は?

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策として、 特別定額給付金(仮称)事業が実施され、 全国民に一律10万円が支給されます。 生活保護受給者の場合、この10万円の取り扱いが どうなるのか?気になると思います。 そこで、このペ...
Q&A

生活保護を受給することは恥?

現在、生活保護を受給している方又は生活保護を申請しようと 思ってこのページに来られた方は、心のどこかで 「生活保護って恥なのかな?」と思っているのではないでしょうか? 生存権は日本国憲法で保障された権利です。 日本国憲法第25条...
Q&A

年金保険料の納付期間が25年から10年に短縮することによる影響について

今までは年金保険料の納付期間が25年(300ヶ月)以上なければ 老齢年金を受給することができませんでした。 しかし!!改正年金機能強化法が成立したため、平成29年8月1日からは 資格期間が短縮され、年金保険料の納付期間が10年(...
Q&A

Q 入学準備金が足りない場合は?

Q 入学準備金が足りない場合は? A 高校・大学・専門学校に入学する場合は教育支援資金を利用しましょう。 小学校、中学校、高校に入学する児童、生徒が、入学準備のための費用を 必要とする場合、生活保護費から入学準備金が臨時的に支給さ...
Q&A

生活に困ったら、すぐ相談しよう!

いつどのタイミングで生活保護の相談に行ったら良いのだろう? 何を相談したら良いんだろう? 何を持っていったら良いんだろう? と悩んでいる人が多いと思います。 その悩みにズバリとお答えします!! 相談に行くタイミングはいつ? ...
Q&A

Q 生活保護と年金は併給できる?

Q 生活保護と年金は併給できる? A 結論から言うと生活保護と年金は制度的には併給できますが、実質的には併給できません。 ん?どういうこと?と謎が深まるばかりだと思いますので 詳しく説明していきます。 制度的には生活保護と年金は...
Q&A

Q 申請に悩んだら、どうするべき?

Q 生活保護の申請に悩んだら、どうするべき? A 生活保護の申請に悩んだ時は、とりあえず福祉事務所に相談に行きましょう。 生活保護の申請に迷うと言っても、悩む理由は様々だと思います。 しかし、どのような理由であれ、生活に困っている...
生活保護法改正

生活困窮者自立支援法

生活困窮者自立支援法が施行される前からも、生活困窮者の支援は行われていました。 しかし、一部の自治体でしか実施していなかったり、各分野をバラバラに実施するなど、 あまり効果的な支援はできていませんでした。 そこで生活困窮者対策...
Q&A

生活保護受給中の借金の取扱いについて

生活が苦しい・・・生活保護を申請しようと思うんだけど 借金があっても生活保護は受けられるの? 生活保護受給中だけど、借金はできるの? このような疑問を持っている方は、多数いると 思います。 インターネットで調べてみる...
Q&A

Q 生活保護受給中の場合、修学旅行の費用はどうなりますか?

Q 生活保護受給中の場合、修学旅行の費用はどうなりますか? A 小・中学生の場合、就学援助制度から支給されます。   高校生の場合、修学旅行の費用は勤労控除の対象になります。 小・中学生は教育扶助、高校生は生業扶助から入学準備金や...
関係法令・施策

臨時福祉給付金

臨時福祉給付金とは消費税の引き上げに際して、所得の低い方々への 負担を緩和することを目的として支給される給付金です。 似たような制度で子育て世帯臨時特例給付金があります。 受取ることができるのは、どちらか1つの給付金です。 ...
関係法令・施策

子育て世帯臨時特例給付金

子育て世帯臨時特例給付金とは消費税の引き上げに際して、子育て世帯の 負担を緩和することを目的として支給される給付金です。 似たような制度で臨時福祉給付金があります。 受取ることができるのは、どちらか1つの給付金です。 ちなみ...
関係法令・施策

就労意欲喚起等支援事業

「就労意欲喚起等支援事業とは就労意欲の喚起を図るための支援を 民間職業紹介事業者等に委託して実施し、既存の就労支援策と併せて 生活保護受給者の更なる就労支援策の充実を図る事業です。」 (厚生労働省のHPより抜粋) 今までは就労指...
生活保護法改正

貸付資金(借金)が認められるようになりました。

平成26年7月1日から実施要領が改正されて生活必需品等を購入するために 他法他施策による貸付資金を利用した場合、 その貸付資金(借金のこと)は収入認定しないことになりました。 支援の趣旨 生活扶助のページにあるように、原則、家電...
タイトルとURLをコピーしました