Q 生活保護者でもパソコンを持てますか?
A 生活保護者でもパソコンを持てます。

生活保護受給中はパソコンを持ってはいけないのでは?
と思っている人がいますが、生活保護受給者がパソコンを
持っていても何も問題ありません。

生活保護の条件として、「パソコンを所有してはいけない」なんてものはありません。

生活保護を受給することで、受ける制限については
Q 生活保護受給者の制限は?に記載があるもののみです。

1つ前の記事Q 生活保護者でもスマホを持てますか?にもあるように
スマホの所有も特に問題ないので、パソコンも同様に問題ありません。

パソコンを持つことも購入することも、もちろん可能です。

パソコンを購入することが可能と言っても生活保護者自身が
毎月支給される生活保護費をコツコツと貯金して購入するのが
問題ないと言うだけです。

パソコンを持っていいからと言って、家具什器費から
支給されるわけではないので、そこは注意が必要です。

個人的にはパソコンは余裕があれば持っていた方が
良いと思います。

生活保護受給者は、うつ病等の精神疾患があるなしに関わらず
社会との接点がほとんどないケースが多々あります。

まともに人と話すのは訪問調査に来た担当ケースワーカーのみ
なんてケースもあります。

さすがに、ここまで社会との接点がないのは稀ですが、
インターネットを通じて社会と関係を持たせることは
非常に重要だと思います。

またパソコン操作ができるからと言って、すぐに就職に結びつくわけでは
もちろんありませんが、パソコンに慣れ親しんでいれば、それだけでも
就職に結びつく可能性は上がります。

最近では仕事をする上でパソコン操作が
必ずと言っていいほど求められます。

生活保護受給者の育った環境にも依ると思いますが、
ニュース等で負の連鎖を断ち切らないといけないと
言われているとおり、育った家庭が元々裕福ではないケースが多く
家にパソコンがなかった家庭がほとんどです。

最近では学校の授業でもパソコン操作は習いますが、
圧倒的に授業数は少ないですし、不登校だった人も
多いです。

そのため、若くてもパソコンに
触ったこともない、使えないと言う人がけっこういます。

上記の理由により、パソコンを購入してインターネットを利用することや
パソコンの操作に慣れることは生活保護受給者にとってプラスになると思うので
余裕があれば、購入の検討もありだと私は思います。