問題点

Q&A

Q 大麻、覚せい剤等の薬物中毒者でも生活保護を受給できる?

Q 大麻、覚せい剤等の薬物中毒者でも生活保護を受給できる? A 大麻、覚せい剤等の薬物中毒者でも生活保護を受給できます。 生活保護の条件はただ1つ 「世帯の収入が最低生活費以下であること」ただそれだけです。 そのため、申請者...
ケースワークの現状

兵庫県の生活保護を却下されて、治療を受けずに死亡した件について

ヤフートップに、<生活保護却下>男性、生活ギリギリでがん治療受けずに死亡 と言う記事がありました。 以下内容です。 兵庫県内で昨年3月、4年間にわたり体調不良の症状がありながら 経済的な理由で病院にかかっていなかった男性(当...
ケースワークの現状

生活保護受給者のギャンブル実態調査開始

生活保護受給者がパチンコや競馬などの公営ギャンブルを している事例や、実態の指導状況について、厚生労働省が 実態調査を始めました。 具体的な調査の内容はパチンコやギャンブル、宝くじなどについて、 過去1年間に受給者を指導した件...
ケースワークの現状

貧困ビジネスの実態

貧困ビジネスとは 貧困ビジネスとは社会的弱者を顧客として 稼ぐビジネスの総称です。 例えばゼロゼロ物件、消費者金融、ヤミ金融など 様々な種類の貧困ビジネスが存在しています。 もちろん毎月支給される生活保護費を目的...
ケースワークの現状

負の連鎖について

よくニュース等で「負の連鎖」と言う言葉を 聞いたことがあると思います。 生活保護の場合、負の連鎖と言うと、生活保護世帯の 子どもや孫が自立せず、生活保護世帯になっていくことです。 この負の連鎖を断ち切ることがケースワーカーの...
Q&A

生活保護家庭の子は大学行っちゃダメ問題について

生活保護家庭の子は大学行っちゃダメ問題について 現在国会で議論されています。 生活保護家庭の子は大学に行っちゃダメ? 生活保護家庭の子は大学行っちゃダメ問題と言うと 生活保護を家族が受けてたら、大学に行けないの!?と 勘違...
Q&A

Q 健康で働けるのに、なぜ生活保護受給者を働かせないの?

Q 健康で働けるのに、なぜ生活保護受給者を働かせないの? A 生活保護受給者は職業選択の自由で守られているからです。 「病気や障害等があって生活保護を受給しているのはわかる。 しかし、特段病気や障害もなく、至って健康な人が、なぜ生...
Q&A

Q 入学準備金が足りない場合は?

Q 入学準備金が足りない場合は? A 高校・大学・専門学校に入学する場合は教育支援資金を利用しましょう。 小学校、中学校、高校に入学する児童、生徒が、入学準備のための費用を 必要とする場合、生活保護費から入学準備金が臨時的に支給さ...
Q&A

Q 議員や職員に知り合いがいると有利?

Q 議員や職員に知り合いがいると有利? A 生活保護は国の制度のため、議員や職員に知り合いがいてもいなくても関係ありません。 議員や職員に知り合いがいると生活保護を受けやすいと思っている 人がいますが、そんなことはありません!! ...
Q&A

Q 生活保護費でお酒を購入しても良い?

Q 生活保護費でお酒を購入しても良い? A 生活保護費でお酒を購入しても問題ありません。 生活保護受給中はお酒を買ったり、飲んだりしてはいけないのでは? と思っている人がいますが、生活保護受給者が生活保護費でお酒を 買っても飲ん...
Q&A

Q 生活保護費でタバコを購入しても良い?

Q 生活保護費でタバコを購入しても良い? A 生活保護費でタバコを購入しても問題ありません。 生活保護受給中はタバコを買ったり、吸ったりしてはいけないのでは? と思っている人がいますが、生活保護受給者が生活保護費でタバコを 買っ...
ケースワークの現状

生活保護受給者の3人に1人がメタボ

2014年度にメタボ健診を受けた40歳以上の生活保護受給者約10万8千人 の診断結果がすごいですね。 2014年度の検診結果によると40歳以上の生活保護受給者のうちメタボと 診断されたのは男性が32.7%、女性が17.5%で、生活...
Q&A

Q 生活保護受給者の制限は?

Q 生活保護受給者の制限は? A 多少ありますが、特に生活に支障が出るほどのものはありません。 生活保護受給者が生活する上で受ける制限は 1.収入申告書を提出する。 2.訪問調査を受ける。 3.自動車・バイクに乗れない...
生活保護法の問題点

別府市の受給者のパチンコに対する取り組みについて

12月17日(木)のヤフーニュースでこのような記事がありました。 以下、記事本文 「別府市の調査は、2015年10月の計5日間、 市職員35人が市内にある13のパチンコ店と市営別府競輪場を巡回。 見つけた生活保護受給者25人を一...
ケースワークの現状

うつ病などの精神疾患のある生活保護受給者

うつ病や統合失調症など(以下、うつ病など)を持っている人に対するケースワーカーの対応について正直、不信感を抱いている人は多いのではないでしょうか。のページではうつ病などの精神疾患を理由に生活保護を受給している人達に対するケースワーカーの対応についてまとめています。
生活保護法の問題点

母子世帯

母子世帯の生活保護受給者は、支給額が多いため一般の人よりも良い生活をしています。しかし、子どもが出て行った後(母子世帯でなくなった後)に生活保護受給者自身が一番つらい思いをするため、そうならないように今の内に 自立に向けて行動をとって欲しいです。
Q&A

ホームレスは生活保護を受けることはできる?できない?

生活保護は全ての国民に対して、その最低限度の生活を補償することを目的としています。もしこれが実現していれば、ホームレスは、いないはずです。しかし、実際ホームレスはいます。ホームレスは生活保護を受けることができないのか?受けられるのであれば、なぜホームレスはいなくならないのか?このページで詳しく説明します。
Q&A

Q 生活保護費を紛失した場合は再支給されますか?

Q 生活保護費を紛失した場合は再支給されますか? A 再支給される規定はありますが、実際に支給されることは、ほとんどありません。
生活保護法の問題点

年金保険料は払わない方が得をする!?

生活保護受給中の精神障害者の場合、年金保険料を支払っていると障害者加算の支給がなくなり、支払っていないと障害者加算の支給が続く、おかしな認定方法をとっています。
生活保護法の問題点

現状の調査権限では不正受給を防ぐことができません

資産及び収入等について関係機関に対して調査する権限があります。しかし、実際は関係機関に対して「○○について回答して下さい」とお願いすることができる権利があるだけです。調査しても回答が返ってこないことも多く、不正受給を防ぐことができません。
タイトルとURLをコピーしました