Q 議員や職員に知り合いがいると有利?
A 生活保護は国の制度のため、議員や職員に知り合いがいてもいなくても関係ありません。

議員や職員に知り合いがいると生活保護を受けやすいと思っている
人がいますが、そんなことはありません!!

建前上そう言わなきゃいけないのでは?と思うかもしれませんが、
これに関しては建前上ではなく、本当に融通を利かせられません。

条例(各市町村で作成)であれば議員や職員に知り合いがいれば
融通が利くのかもしれませんが、生活保護は生活保護法をもとに運用されています。

法律=国の決まりに従っているので、地方自治体に裁量の幅は、ほとんどありません。

言い方は悪いですが、各福祉事務所は国が決めた基準(生活保護の条件)を
満たすかどうかの判断しかしていません。

そこを勝手に曲げると「生活保護の不正受給・不正支給を防ぐ取組み」のページに
あるように定期監査で引っかかり指導を受ける仕組みになっています。

そのため、議員や職員に知り合いがいようといまいと関係ありません。

ではなぜ自分は生活保護を受給できないのか?

相談している状態で生活保護の申請をまだしていないのであれば、
窓口での水際作戦の可能性もあるので、まずは申請をしましょう。

生活保護を申請した結果、申請を却下されたのであれば
単純に世帯の収入、貯蓄額が最低生活費以下ではないからです。
議員や職員に知り合いがいないからではありません。

福祉事務所は生活保護の申請を認める場合も却下する場合も
必ず根拠を持っています。

申請を却下されたのであれば、その根拠を聞けば納得できるはずです。

ではなぜあの人は生活保護を受給できるのか?

単純に世帯の収入、貯蓄額が最低生活費以下だからです。
議員や職員に知り合いがいるからではありません。

あの人が紹介したら必ず生活保護を受給できるのはなぜ?

たまに「私が連れて行ったから生活保護を受けることができた!!」と
豪語する人がいますが、全然関係ありません。

そういう人達は生活保護の条件を知っているので、条件を
満たす人達を連れてきているだけです。

何も知らない人からすれば「あの人の紹介があれば必ず受給できる」と
勘違いするかもしれませんが、種明かしをすれば何てこともありません。

中には「私が生活保護を受けられるようにしたから手数料を支払え。」
などと言う人もいますが、支払う必要は全くありませんので、気をつけましょう。

生活保護を受けられるかどうかの基準は何度も言いますが
世帯の収入が最低生活費以下かどうかそれだけです。