改正

生活保護法改正

生活保護の支給額が最大1割削減されます。

厚生労働省は12月8日(金)、来年度の生活保護費見直しで、 食費や光熱費などに充てる生活扶助を最大1割程度、 引き下げる案が社会保障審議会の部会に提示されました。 生活保護の支給額を引き下げ案を提示した根拠 まず、勘違いして...
Q&A

年金保険料の納付期間が25年から10年に短縮することによる影響について

今までは年金保険料の納付期間が25年(300ヶ月)以上なければ 老齢年金を受給することができませんでした。 しかし!!改正年金機能強化法が成立したため、平成29年8月1日からは 資格期間が短縮され、年金保険料の納付期間が10年(...
ケースワークの現状

生活保護受給者の3人に1人がメタボ

2014年度にメタボ健診を受けた40歳以上の生活保護受給者約10万8千人 の診断結果がすごいですね。 2014年度の検診結果によると40歳以上の生活保護受給者のうちメタボと 診断されたのは男性が32.7%、女性が17.5%で、生活...
生活保護法改正

生活困窮者自立支援法

生活困窮者自立支援法が施行される前からも、生活困窮者の支援は行われていました。 しかし、一部の自治体でしか実施していなかったり、各分野をバラバラに実施するなど、 あまり効果的な支援はできていませんでした。 そこで生活困窮者対策...
一時扶助

小学校、中学校、高校の入学準備金

小学校、中学校、高校に入学する児童、生徒がいる場合、 入学準備金が臨時的に支給されます。 ちなみに… 小学校、中学校の入学準備金は一時扶助、高校の入学準備金は生業扶助から 支給されます。 どちらも「入学準備」に関する支給に...
Q&A

生活保護受給中の借金の取扱いについて

生活が苦しい・・・生活保護を申請しようと思うんだけど 借金があっても生活保護は受けられるの? 生活保護受給中だけど、借金はできるの? このような疑問を持っている方は、多数いると 思います。 インターネットで調べてみる...
生活保護法改正

ジェネリック(後発)医薬品の使用促進が法律上明確化されました。

平成26年1月1日から生活保護法が改正されて ジェネリック(後発)医薬品の使用促進が法律上明確化されました。 趣旨 医療全体でジェネリック(後発)医薬品の使用促進に取り組む中、 健康保険や国民健康保険等の医療保険に 比べて、生...
生活保護法改正

福祉事務所の調査権限が拡大されました。

福祉事務所の調査権限とは 福祉事務所は生活保護法第29条を根拠に収入調査や金融機関調査等の各種調査を行っています。 この調査結果をもとに生活保護の決定や不正受給の確認をしています。 改正内容 生活保護法が改正されるまでは ...
生活保護法改正

健康・生活面における生活保護受給者の責務が増えました。

平成26年1月1日から法改正により ①健康の保持及び増進に努めること ②収入、支出その他生計の状況を適切に把握すること が生活保護受給者の責務として位置づけられました。 改正内容 「生活保護受給者の責務」となりましたが...
生活保護法の問題点

指導指示に従わなくても生活保護を受け続けることができる。

生活保護法第二十七条を根拠に担当ケースワーカーは生活保護受給者に対して、 生活の維持、向上その他保護の目的達成に必要な指導又は指示をすることができます。 そして生活保護法第二十八条及び第六十二条を根拠に指導指示に従わない場合、 ...
生活保護法改正

貸付資金(借金)が認められるようになりました。

平成26年7月1日から実施要領が改正されて生活必需品等を購入するために 他法他施策による貸付資金を利用した場合、 その貸付資金(借金のこと)は収入認定しないことになりました。 支援の趣旨 生活扶助のページにあるように、原則、家電...
一時扶助

就労活動促進費が創設されました。

平成25年8月1日から生活保護法が改正されて就労活動促進費が創設されました。 支給の趣旨 生活保護では能力に応じて勤労に励み、生活の維持、向上に努めること等を規定しています。 しかし、就職活動を、すればするほど電話代や面接会場まで...
タイトルとURLをコピーしました