不正受給

Q&A

高校生のアルバイトによる不正受給 卒業後の請求先はどこに?

生活保護世帯の高校生がアルバイトして給与収入を得た場合も 福祉事務所・担当ケースワーカーに申告する義務があります。 >>高校生(未成年者)のバイト代も収入申告しないといけないの? そして、もしも未申告の場合は不正受給として ...
Q&A

高校生のバイト代でも、未申告は不正受給として全額返還させるべき

生活保護の問題として、よく取り上げられるのは、 不正受給問題です。 その中で、特に高校生のバイト代未申告問題については、 「高校生のバイト代を全部返還させるのは、かわいそうだ!」 「自己責任だから、全額返還は当然だ!」 など様...
ケースワークの現状

貧困ビジネスの実態

貧困ビジネスとは 貧困ビジネスとは社会的弱者を顧客として 稼ぐビジネスの総称です。 例えばゼロゼロ物件、消費者金融、ヤミ金融など 様々な種類の貧困ビジネスが存在しています。 もちろん毎月支給される生活保護費を目的...
各種注意点

生活保護の不正受給・不正支給を防ぐ取組み

生活保護の不正受給・不正支給を防ぐ取組みとして、毎年定期監査が行われています。 定期監査とは都道府県庁の職員が地方自治体が生活保護に関する事務を適正に 行っているのかをチェックすることです。 「定期」と言われるだけあって、年に...
Q&A

Q 生活保護費でタバコを購入しても良い?

Q 生活保護費でタバコを購入しても良い? A 生活保護費でタバコを購入しても問題ありません。 生活保護受給中はタバコを買ったり、吸ったりしてはいけないのでは? と思っている人がいますが、生活保護受給者が生活保護費でタバコを 買っ...
Q&A

生活保護受給者が逮捕された場合の取扱いは?

生活保護受給者が何かしらの犯罪を犯すこともあります。 では、生活保護受給者が逮捕された場合、 生活保護は継続される?継続できる? 釈放された後の生活保護はどうなるの? 等、気になりますよね? このページでは、生活保護受給...
Q&A

Q 生活保護と年金は併給できる?

Q 生活保護と年金は併給できる? A 結論から言うと生活保護と年金は制度的には併給できますが、実質的には併給できません。 ん?どういうこと?と謎が深まるばかりだと思いますので 詳しく説明していきます。 制度的には生活保護と年金は...
各種注意点

年金額が変わったら

年金額が変わったら 生活保護受給中の場合、収入が発生したら担当ケースワーカーに 報告する義務があります。 それは、働いて得た収入に限らず、年金収入についても 同様に報告する義務があります。 年金は給与収入と違い、あ...
Q&A

Q 貯金があったら生活保護を受給できない?

Q 貯金があったら生活保護を受給できない? A 金額によりますが申請時と受給中で取扱いが変わります。 生活保護申請時の貯金について 生活保護申請時に世帯の貯金額の合計が 最低生活費を超えている場合は申請しても、 生活保護は...
各種注意点

仕送りする際の注意点

生活保護の申請をした場合、親族に対して扶養義務調査が行われます。 絶対的扶養義務者と呼ばれる直系血族及び2親等以内の親族 (祖父、祖母、両親、兄弟姉妹、子、孫等)に対しては必ず援助ができるか どうかの調査が行われます。 ※相...
各種注意点

支給金額決定通知書の重要性について

生活保護の受給を開始した場合、月々にいくら支給されるのかの明細が発行されます。 それが支給金額決定通知書です。 支給金額決定通知書は自治体によりますが、毎月発行される場合と金額に変更があった時 のみ発行する場合があります。 ...
ケースワークの現状

うつ病などの精神疾患のある生活保護受給者

うつ病や統合失調症など(以下、うつ病など)を持っている人に対するケースワーカーの 対応について正直、不信感を抱いている人は多いのではないでしょうか。 このページではうつ病などの精神疾患を理由に生活保護を受給している人達に対する ケ...
Q&A

生活保護受給中の借金の取扱いについて

生活が苦しい・・・生活保護を申請しようと思うんだけど 借金があっても生活保護は受けられるの? 生活保護受給中だけど、借金はできるの? このような疑問を持っている方は、多数いると 思います。 インターネットで調べてみる...
生活保護法の問題点

現状の調査権限では不正受給を防ぐことができません

調査権限があるのでは? 福祉事務所は生活保護法第29条を根拠に資産及び収入等について 関係機関に対して調査する権限があります。 「調査権限」と言われると警察が行うような強制捜査ができる イメージをお持ちの方もいると思います。 ...
生活保護法改正

福祉事務所の調査権限が拡大されました。

福祉事務所の調査権限とは 福祉事務所は生活保護法第29条を根拠に収入調査や金融機関調査等の各種調査を行っています。 この調査結果をもとに生活保護の決定や不正受給の確認をしています。 改正内容 生活保護法が改正されるまでは ...
Q&A

生活保護法第63条返還金と第78条徴収金の違いとは?

福祉事務所は本来支給する金額よりも多くの生活保護費を支給してしまった場合に、 生活保護法第63条返還金又は生活保護法第78条徴収金を根拠に 生活保護者から返還又は徴収することができます。 返還金も徴収金も生活保護受給者から生活保...
Q&A

Q 不正受給が発覚した場合の取扱いは?

Q 不正受給が発覚した場合の取扱いは? A 不正受給した金額を一括返還する必要があります。また悪質な場合は刑事告訴される場合があります。 不正受給が発覚した場合、担当ケースワーカーは収入調査・金融機関調査等の各種調査を行い まずは...
Q&A

Q 不正受給を見つけた場合どうすれば良いですか?

Q 不正受給を見つけた場合どうすれば良いですか? A 市役所にある福祉事務所に連絡してください。 不正受給者はいる 多くの生活保護受給者は、生活保護法に従い、正しく受給しています。 しかし、残念なことに不正受給をしている者が少な...
生活保護法の問題点

指導指示に従わなくても生活保護を受け続けることができる。

生活保護法第二十七条を根拠に担当ケースワーカーは生活保護受給者に対して、 生活の維持、向上その他保護の目的達成に必要な指導又は指示をすることができます。 そして生活保護法第二十八条及び第六十二条を根拠に指導指示に従わない場合、 ...
Q&A

生活保護受給者が自動車に乗っているのを見かけたんだけど?

Q 生活保護受給者が自動車に乗っているのを見かけたんだけど? A 市役所にある福祉事務所に連絡してください。 その方は生活保護受給者ではないかもしれません。 自動車のページにあるように自動車の使用又は所有を 認められている生活保...
タイトルとURLをコピーしました