生活保護でもペットは飼える?ペット飼育の条件や注意点とは?

Q&A

生活が苦しくなってきたから、生活保護を申請しようと考えいてるけれど、犬や猫などのペットを飼っていたら、生活保護を受けることができないのか?生活保護の申請をしたらペットを手放すように言われてしまうのか?気になるところだと思います。

結論から言うと、生活保護でもペットを飼うことは可能です。

ただし、注意点もありますので、このページでは、生活保護でもペットを飼育できる根拠ペットを飼育するうえでの各種注意点について、詳しくご紹介します。

生活保護の条件にペットは関係ない

生活保護の条件は非常にシンプルで「世帯の収入が最低生活費以下であること」です。

生活保護の条件はたった1つ!
生活保護は最後のセーフティネットと呼ばれており、 生活に困窮された人のための、最後の救済措置です。 生活保護とは 資産や能力等すべてを活用してもなお生活に困窮する方に対し、 困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度...
生活保護の条件である最低生活費とはいくら?計算方法は?
よく生活保護制度の中で、「最低生活費」と言う単語を聞くと思います。 それもそのはず、生活保護の条件が「世帯の収入が最低生活費以下であること」なので、最低生活費が非常に重要な指標となります。 しかし、ケースワークの現場でも...

このように、生活保護の条件にペットの有無は関係ないので、ペットを飼っていても生活保護を申請すること、受給すること、どちらも可能です。

生活保護の申請から決定・却下までの流れ・必要書類・申請時の注意点
生活保護を受給したいと思うけど、 ・どこに申請したら良いの? ・申請に必要なものは? ・申請してから、お金がもらえるまで、どれくらいかかるの? 等、気になりますよね? それらの疑問に、このページではズバリお答えします。

生活保護のためにペットを手放す必要はない

生活保護の条件にペットの有無が関係がなくても、受給開始後にケースワーカーからペットを手放すように指導されるのではないか?と心配される方もいるかもしれませんが、ケースワーカーにそんな権限はありません。

ケースワーカーとは?仕事内容は?
生活保護受給者には、必ずケースワーカー(CW)と言う担当の人がつきますが、このケースワーカーとは、そもそも何者なのか?どういう仕事をするのか?よくわからないと思います。 そこで、このページでは ケースワーカーはどうい人なのか? 仕...
「生活保護法」
(指導及び指示)
第二十七条 保護の実施機関は、被保護者に対して、生活の維持、向上その他保護の目的達成に必要な指導又は指示をすることができる。
2 前項の指導又は指示は、被保護者の自由を尊重し、必要の最少限度に止めなければならない。
3 第一項の規定は、被保護者の意に反して、指導又は指示を強制し得るものと解釈してはならない。

上記のとおり、生活保護法で規定されているように、生活保護で指導できることは必要の最小限度しかできません。

そのため、生活保護受給者はお酒、タバコ、ギャンブルをすることも許されていますので、当然ペットを飼うことも許されています。

Q 生活保護費でお酒を購入しても良い?
Q 生活保護費でお酒を購入しても良い? A 生活保護費でお酒を購入しても問題ありません。 生活保護受給中はお酒を買ったり、飲んだりしてはいけないのでは? と思っている人がいますが、生活保護受給者が生活保護費でお酒を 買っても飲ん...
Q 生活保護費でタバコを購入しても良い?
Q 生活保護費でタバコを購入しても良い? A 生活保護費でタバコを購入しても問題ありません。 生活保護受給中はタバコを買ったり、吸ったりしてはいけないのでは? と思っている人がいますが、生活保護受給者が生活保護費でタバコを 買っ...
生活保護受給者はパチンコ等をしても良いの?
Q 生活保護受給者はパチンコ等をしても良いの? A 何も罰則はありません。生活保護受給者はパチンコをすることが認められています。 日本国憲法第25条1項で「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」 と定め...

さすがに多頭飼育崩壊になるような場合は生活の維持が困難なため指導しますが、普通にペットを飼っている生活保護受給者に対して福祉事務所がとやかく言うことはありません。

そのため、ペットを手放す必要はなく、生活保護受給後もそのまま飼い続けることができます。

生活保護受給中にペットを飼い始めることもできる


また、生活保護受給中に新たにペットを購入したり、譲り受けたりして飼い始めることも可能です。

うつ病などの精神疾患がある場合、ペットを飼うと症状が改善されることもあることから、医師からペットを飼うことを勧められることもあるそうです。

新たにペットを飼う場合は、ペットショップに行って購入することも可能ですが、生活保護費だけでは、なかなかそこまで貯金するのは難しいため、ペットを飼いたい場合は知人から譲り受けるケースが多いです。

生活保護は貯金があったら受給できない?貯金の上限はいくらまで?
貯金があると生活保護を申請できない、もしくは生活保護が廃止になると勘違いされている方が多いですが、生活保護は貯金があっても受給することができます。 と言いますか、むしろ生活保護を申請する時も受給中もある程度の貯金は必要です。 ...

生活保護でも飼えるペットの種類は?


ペットと言うと、犬や猫が真っ先にイメージに浮かぶと思います。

生活保護でも犬や猫を飼うことは当然できます。

では、ハムスターやインコなどはどうか?と言いますと、特に制限はないため、生活保護受給中でも、基本的に法律で飼って良い動物であれば、どんなペットを飼っても大丈夫です。

私が実際に出会ったケースで言えば、金魚やメダカを飼っている世帯もありましたし、すごい人だとオウムを飼っている人もいました。

ペットにかかる費用は全額自己負担

生活保護でもペットを飼うことは可能ですが、ペットにかかる費用は全額自己負担です。

毎月支給される生活保護費の中にペット扶助やペット加算等はありません。

生活保護の8つの扶助とは?特性・要件・支給内容について解説
生活保護には全部で8つの扶助があります。生活保護の支給はどれも必ず、この8つの扶助のどれかに該当します。ただし、自動的にもらえるわけではなく、必ず申請が必要です。このページではそれぞれの特性・要件・内容・支給金額等についてわかりやすく解説しています。

そのため、ペットのエサ代、トイレ、予防接種・ワクチン代、その他体調が悪くなった時の通院代やクスリ代などペットに関するあらゆる費用は全て自己負担です。

健康であればエサ代等の月の出費は1万円~2万円くらいだと思いますので、毎月の生活保護費の中から賄うことができると思いますが、ペットがケガや病気になった場合の治療費は保険が効かないため、かなり高額になります。

1回の通院・治療で数千円、手術などが必要であれば数万円も掛かるためペットを飼う場合は、それなりの覚悟も必要です。

ペットを言い訳に指導拒否はできない


生活保護受給者は自立に向けた取り組みをしなければいけません。

病気によって働くことができないのであれば、通院をして治療に専念しなければいけません。

若くて健康な人や、病気があっても軽労働が可能な場合は就職活動を行わなければいけません。

生活保護は20代でも受給できる?20代の場合の条件や金額、注意点等について
20代と言うと、若く健康で、これから社会に出て仕事をしていく年代でもあることから、生活保護を受給できないのでは?と思う方が多いのではないでしょうか?結論から言いますと、実は生活保護は20代でも受給することができます。しかも、病気や障害等の特

治療に専念すること、就職活動をすることは、ケースワーカーから指導指示されます。

Q 担当ケースワーカーの指導指示に従わない場合どうなりますか?
Q  担当ケースワーカーの指導指示に従わない場合どうなりますか? A  最悪の場合、生活保護の停止又は廃止になります。 生活保護法第二十七条を根拠に担当ケースワーカーは生活保護受給者に対して、 生活の維持、向上その他保護の目的達...

そして、もしも指導指示に従わない場合は、最悪の場合、生活保護の廃止となります。

Q 「生活保護の廃止」「生活保護の停止」「支給なし」って違うの?
Q  「生活保護の廃止」「生活保護の停止」「支給なし」って違うの? A  どれも月々の生活保護費の支給はありませんが全く違います。 毎月1日の生活保護費の支給がないところは共通していますが 「生活保護の廃止」「生活保護の停止」「支...

生活保護受給者の中には「ペットがいるから働けない」「家を留守にしている間にペットがケガをしたら、どう責任をとるのか?」と憤る方がいますが、ペットを理由に指導拒否することはできません。

一人暮らしでペットを飼いながら仕事をしている方もいるため、指導指示に従わなければ、手続きどおり生活保護の廃止となります。

大家や近隣住民とのトラブルはすべて自身で解決しなければならない

ペットを飼うと
・住まいがペット禁止だった
・騒音問題
・糞尿処理問題
・ペットがイタズラをされた
・ペットが人にケガをさせてしまった

等、様々なトラブルが大家や近隣住民との間で発生する可能性があります。

これらのトラブルに関しては、福祉事務所は一切関知しません。

発生したトラブルは全て生活保護受給者自身が解決しなければいけないため、トラブルが起きないように気をつけましょう。

まとめ

生活保護でもペットを飼育できる根拠とペットを飼育するうえでの各種注意点について、ご説明させていただきました。

生活保護でもペットは飼えますが、ペットに掛かる費用は全額自己負担ですし、ペット関連のトラブルが発生した場合も全て自己責任ですので、その点だけは注意してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました