生活保護受給中は収入申告する義務があります。
その申告と各種調査を基に福祉事務所は収入認定を行い支給額を決定します。
収入の種類により収入認定の方法が違うため、それぞれの認定方法について紹介しています。

申告することは義務であり、申告しなければ不正受給となります。
控除等のメリットを受けられないだけではなく刑事罰に問われる可能性もあるため
収入があった場合は必ず申告しましょう。

生活保護の収入認定 給与収入の場合

生活保護受給中に給与収入を得た場合の取扱いについて詳しく説明しています。

年金収入

生活保護受給中に年金収入を得た場合の取扱いについて詳しく説明しています。

児童扶養手当

生活保護受給中に児童扶養手当を得た場合の取扱いについて詳しく説明しています。

児童手当

生活保護受給中に児童手当を得た場合の取扱いについて詳しく説明しています。