生活保護法に関すること

生活保護法の問題点

現状の調査権限では不正受給を防ぐことができません

調査権限があるのでは? 福祉事務所は生活保護法第29条を根拠に資産及び収入等について 関係機関に対して調査する権限があります。 「調査権限」と言われると警察が行うような強制捜査ができる イメージをお持ちの方もいると思います。 ...
生活保護法改正

福祉事務所の調査権限が拡大されました。

福祉事務所の調査権限とは 福祉事務所は生活保護法第29条を根拠に収入調査や金融機関調査等の各種調査を行っています。 この調査結果をもとに生活保護の決定や不正受給の確認をしています。 改正内容 生活保護法が改正されるまでは ...
生活保護法改正

健康・生活面における生活保護受給者の責務が増えました。

平成26年1月1日から法改正により ①健康の保持及び増進に努めること ②収入、支出その他生計の状況を適切に把握すること が生活保護受給者の責務として位置づけられました。 改正内容 「生活保護受給者の責務」となりましたが...
一時扶助

就労自立給付金が創設されました。

平成26年7月1日から就労自立給付金が創設されました。 簡単に言うと 就労して生活保護を脱却したら、お金を支給する制度です!! 趣旨 生活保護受給中は固定資産税、国民健康保険料、国民年金保険料、介護保険料等が免除されています。 ...
関係法令・施策

臨時福祉給付金

臨時福祉給付金とは消費税の引き上げに際して、所得の低い方々への 負担を緩和することを目的として支給される給付金です。 似たような制度で子育て世帯臨時特例給付金があります。 受取ることができるのは、どちらか1つの給付金です。 ...
関係法令・施策

子育て世帯臨時特例給付金

子育て世帯臨時特例給付金とは消費税の引き上げに際して、子育て世帯の 負担を緩和することを目的として支給される給付金です。 似たような制度で臨時福祉給付金があります。 受取ることができるのは、どちらか1つの給付金です。 ちなみ...
関係法令・施策

就労意欲喚起等支援事業

「就労意欲喚起等支援事業とは就労意欲の喚起を図るための支援を 民間職業紹介事業者等に委託して実施し、既存の就労支援策と併せて 生活保護受給者の更なる就労支援策の充実を図る事業です。」 (厚生労働省のHPより抜粋) 今までは就労指...
生活保護法の問題点

指導指示に従わなくても生活保護を受け続けることができる。

生活保護法第二十七条を根拠に担当ケースワーカーは生活保護受給者に対して、 生活の維持、向上その他保護の目的達成に必要な指導又は指示をすることができます。 そして生活保護法第二十八条及び第六十二条を根拠に指導指示に従わない場合、 ...
生活保護法改正

貸付資金(借金)が認められるようになりました。

平成26年7月1日から実施要領が改正されて生活必需品等を購入するために 他法他施策による貸付資金を利用した場合、 その貸付資金(借金のこと)は収入認定しないことになりました。 支援の趣旨 生活扶助のページにあるように、原則、家電...
一時扶助

就労活動促進費が創設されました。

平成25年8月1日から生活保護法が改正されて就労活動促進費が創設されました。 支給の趣旨 生活保護では能力に応じて勤労に励み、生活の維持、向上に努めること等を規定しています。 しかし、就職活動を、すればするほど電話代や面接会場まで...
Q&A

生活保護受給者はパチンコ等をしても良いの?

Q 生活保護受給者はパチンコ等をしても良いの? A 何も罰則はありません。生活保護受給者はパチンコをすることが認められています。 日本国憲法第25条1項で「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」 と定め...
タイトルとURLをコピーしました