生活保護法改正

生活保護法改正

生活保護の支給額が最大1割削減されます。

厚生労働省は12月8日(金)、来年度の生活保護費見直しで、 食費や光熱費などに充てる生活扶助を最大1割程度、 引き下げる案が社会保障審議会の部会に提示されました。 生活保護の支給額を引き下げ案を提示した根拠 まず、勘違いして...
生活保護法改正

生活困窮者自立支援法

生活困窮者対策に総合的に取り組むために、生活保護制度の見直しに伴い 平成27年4月1日から生活困窮者自立支援法が施行されました。このページでは生活困窮者自立支援法で実施される各事業について詳しく解説しています。
生活保護法改正

ジェネリック(後発)医薬品の使用促進が法律上明確化されました。

平成26年1月1日から生活保護法が改正されて、医療扶助費を少しでも抑えるために価格の安いジェネリック(後発)医薬品の使用を促すように生活保護法第34条3項で定められました。
生活保護法改正

福祉事務所の調査権限が拡大されました。

平成26年7月1日改正により①資産及び収入(生業もしくは就労又は求職活動の状況、扶養義務者の不要の状況、他の法律による扶助、を含む。)②健康状態③他自治体における生活保護の有無④その他政令で定める事項について福祉事務所は調査することができるようになりました。
生活保護法改正

健康・生活面における生活保護受給者の責務が増えました。

平成26年1月1日から法改正により①健康の保持及び増進に努めること ②収入、支出その他生計の状況を適切に把握することが生活保護受給者の責務として位置づけられました。
一時扶助

就労自立給付金が創設されました。

安定した職業に就いたこと等により保護を必要としなくなった者に対して就労自立給付金を支給する制度 が創設されました。
生活保護法改正

貸付資金(借金)が認められるようになりました。

平成26年7月1日から生活保護法が改正されて貸付資金(借金)が認められるようになりました。貸付資金(借金)を利用する場合の注意点等について詳しく説明しております。
一時扶助

就労活動促進費が創設されました。

平成25年8月1日から生活保護法が改正されて就労活動促進費が創設されました。支給要件等について詳しく説明しております。
タイトルとURLをコピーしました